ついでに釣りしてきました。

ついでに釣りしてきました。

ちょっとボートのところに行く用があったので、せっかくだから釣りするか、べた凪だし、ということで早起きして行ってきました。
時間もあまりないのでいつもの近場へ。

早朝5時半ごろのナカハラ釣具。ほぼ満車♬
早朝5時半ごろのナカハラ釣具。ほぼ満車♬
出航すると陽が登ってきました。
出航すると陽が登ってきました。

やっぱり魚探の反応いまいちだけど、とりあえずサビキを落とします。
ぽつりぽつりとアジ釣れるけど、あいかわらず豆アジさん。

例によってradikoを聴きながら、ジグサビキを投げます。
サゴシは来るだろうなと思ってたんだけど、時々アタリはあるものの乗らない。
なんか小さいのがかかったぞ、と思って上げたらお約束のエソくんとか。

お約束のエソくん。
お約束のエソくん。
ジグサビキが2本とも切られました。サゴシに違いない!
ジグサビキが2本とも切られました。サゴシに違いない!

サビキもたらしてたらそっちにビクビク反応があって、なんだ?と思って上げたらまさかのサビキにサゴシでした。
前回よりちょっと小さめ45cm弱。
その後しばらくサビキに集中してたら再びサビキにサゴシで2匹目♬
サイズもまったく同じぐらい。

サゴシ45cm弱。
サゴシ45cm弱。

9時ごろになってそろそろやめようかと思ってたら、サビキにアタリが来だしてこんな時間に不思議と入れ食い状態に!
あわてて凍らしてた予備のアミを砕いて続けました。

と、思ったらここで海上保安庁の登場!
やましいことは何もないので何だろう?と思ったけど(数年前は船検ステッカーを貼り忘れてた。)
やっぱりただの臨検でした。

このサイズは福岡県警かと思ってたら、海上保安庁でした。

終わったあと「おつかれ様です!」と大きな声でご挨拶して釣りを続けるも、
ピークは過ぎちゃったみたいだし、あいかわらず豆アジばかりなので30匹ほど釣ったところで終了に。

港に戻ってさて!今日の目的は俵フェンダーの設置です!
(ちなみにこれって一般的には何て呼ぶんだろう?検索すると「俵フェンダー」とか「スチバロール」とか記載があるけど。)

拾ってきてた俵フェンダー。
拾ってきてた俵フェンダー。意外とでかい。

今まで痩せ細った甚だ心もとないものが付いてたんだけど、それさえ先日の台風のせいかなくなってたので、
この日のために以前呼子のキャンプ場に行った時に拾ってきてたやつを持ってきました。
結び方は適当です。(お隣さんも適当って言ってた。)

さすがにあるとないとでは安心感が違います。
これで少々の台風でも安心♬

これが
こう♬

もうひとつちょっと小さめのがあるんだけど、さらに手前に置いてもあまり意味なさそうだし、
他の人がやってるみたいに、桟橋につけてバウの衝突防止用にしようかな。

本日の釣果。

2020年10月03日(土) 大潮 干潮04:13 満潮10:24

サゴシの竜田揚げはうまい。

やっぱりサゴシの竜田揚げはうまい。

日曜日、ちょっと寝坊したけど5時前に起きたので釣りに行ってきました。
もうだいぶ夜明けが遅くなってきて、出航できるのは6時前ごろかな?
そんなわけで、この日は30分ほどの遅刻。

ちょっと遅刻。もう日が登ってきた。

前日に、プラグ交換・油圧チルトのオイル補充等してきたので快適のはず。
(でも船底は汚れているけど。)
メンテしてた時にお隣さんが帰ってきたので話聞いたらアジ釣れなかったとのこと。
桟橋を歩いてた人と話したらイサキ釣れてるとのこと。

前日にプラグ3本交換。チルトオイル(車のデフオイル)補充。※ボルトを外して溢れるまで注入するだけ。

ひさしぶりに沖にも出たいけど、船底が汚れててスピード出ないは燃費悪いはで、悶々としながら船動かすのも嫌だから相変わらずいつもの近場のアジポイントです。

今日も魚探の反応イマイチだなぁ、と思いつつサビキを落とすとポロポロと豆アジ釣れた。10cmほどのほんとに豆アジ…

約10cmの豆アジ…(とイサキの子?)

あとが続かないなぁ、と思ってたら急にサビキがぐいぐい引っ張られるので上げてみたら50cmないぐらいのシーバスでした。
なので、やっぱりサビキはぼちぼちやりながらジグサビキを投げてみます。

この時期この場所でたいてい釣れる、50cm前後のシーバス。

意外と活性は高いのか、時々アタリはあるけど乗らない。
しばらくしてやっと掛かったので上げてみるとサゴシダブルでした♬
どちらもほぼ同じ45cmぐらいのやつだけど、片方がジグを、片方がサビキを食ってました。

サゴシダブル♬

晩のおかずは釣れたのでこの日も9時前に早上がり。
親父ん家にシーバスとサゴシ1を持って行って、自宅用にはサゴシ1と豆アジ10匹ほど。(うち割り箸サイズ1)

ぜんぶ竜田揚げにして美味しくいただきました。
竜田揚げは1時間弱ほど漬けてたけど、もっと長く漬けた方が味が染みて美味しそうだな。
つけ汁は、醤油100・みりん100・酒100・水50、に擦りおろした生姜。

サゴシとアジの竜田揚げ。

近々船底掃除をしなきゃな。
その前に船底塗料を買わなくちゃだ。

2020年09月20日(日) 中潮 干潮05:17 満潮11:39

やっぱりアジ釣れませんでした。

やっぱりアジ釣れませんでした。

土曜日、3時に目が覚めたので行ってきました。
梅雨も明けたし、今日こそはアジ釣れるんじゃないか?と期待して。

期待しつつもやっぱり釣れんかもしれん、とも思ったのでいつものアジポイントで魚探をチェックして、気配がなかったらそのままタチウオ釣りに行こうと思ってました。
(アンカー打つのもくたびれるので。)

いつものキレイな朝焼け。
雲が多めで、陽射しはそうきつくないかも。

でまぁ行ってみたら反応ぼちぼち、先週より良さそうだったのでアンカー打ってサビキ釣りを開始します。
するといきなり一投目から割り箸サイズがダブル!
おお!ついに来たか!!
と思って興奮しつつ次を入れるもアタリありません。
何投かして豆アジが来たけどそれっきり。

リリースサイズのアラカブも。

結局1時間半ぐらいサビキしたけど、その後まったく反応がなく、晩のおかずを確保にタチウオポイントに移動です。

タチウオは、まぁぼちぼち釣れます。
でも最初の30分で3本釣れたのに、その後の1時間では0。相変わらず型は小さめ。
諦めて9時前に納竿、超早上がりです♬

タチウオは、まぁかたい。

でもこの季節、9時にはだいぶ暑くなります。
港に戻って後片付けしてたら汗だくです。

アジジグしたけど釣れませんでした。すぐはずれた。はじめ口に掛けてみたけど、口が切れたので背掛け。

ちょうどお隣さんもほぼ同時に帰ってきたので話を聞いたら「アジ釣れましたよ。」とのこと!
クーラーボックスの中を見せてもらうと、けっこういいサイズ(20〜25cmぐらい?)のアジが数十匹入っています。

お隣さんは30年ほど博多湾内アジ専門で釣りしてるベテラン。
お話聞いたら、そんなに小まめに移動しないし、今朝もしばらく釣ってたら入れ食いになったらしいです。
まぁキャリアの差か。(>_<)

もっと粘った方がいいのかなぁ?
でも今週も、周りにアジ釣りの船はいなかったし全体的には釣れてないみたい。

それでもいい加減釣れるだろうと期待して、来週も目が覚めたらまた行こう。

本日の釣果。先週とほぼ一緒。
本日の晩ごはん。これまた先週とほぼ一緒。

2020年08月01日(土) 中潮 満潮07:40 干潮14:46

梅雨の合間にアジ釣りしたけどダメでした。

今年の梅雨は長いです。
雨が降り続きます。
いいかげん釣りに行きたいなと様子を伺ってたら、
7月23日の海の日はなんとかなるかもだったので行ってきました。

港についたのが5時前ぐらい。
船の上で用意をしていたら、それまでポツポツだった雨がけっこう激しく降り出したので、バイク用のカッパを上下とも着ます。
さすがに暑い!暑すぎる!
でもグッと我慢して出航です。

雨がバラバラ降ってきました。

海はべた凪でボートが滑るように走ります。
(しばらく走ると雨は止んだのでカッパは脱ぎました。)

いい加減アジもつれるだろうと期待してアジポイントに直行しますが、アジの反応ないなぁ。
魚探にはピンポイントにポツポツ反応があるだけなので、細かくアンカーを打ち直して疲れました。
いい運動になったと思う。
いやいや運動しに来たわけじゃないから、ともかくサビキを開始します。

でも案の定アタリがありません。
やっぱり雨が降ってる状態だと食いが悪いのかな?
目視できるアジポイントにも、一艘もボートが泊まってないのでいかにも釣れてなさそう!

ごめんねウミネコさん。アジさん、まだテレワーク中みたい。

例によってヒマなのでジグサビキを投げると数投目で軽くなにか来ました!
上げてみると割り箸サイズのアジ。
いやいやサビキで来るサイズやん。
わざわざジグサビキに来んでいいやん。
(さすがにジグじゃなくてサビキの方を食ってた。)

1時間半ぐらいまったくサビキにアタリがないので、諦めてやっぱりタチウオ行きます!
今朝も安定のだいたい30艘あまり。
3年前まではピーク時は50艘ぐらい出てたけど、雨のことを考えるとこんなもん?
常連の遊漁船もだいたい来てます。

安定の30艘あまり。
常連の遊漁船もだいたい来てます。
タチウオきた。

1時間半ほど釣って、タチウオ4本。サイズは小さめ。
でもまぁ、晩のおかずは釣れたので早上がりです。
9時過ぎ納竿♬

ほんとうは試したいことがあったんだけどな。
豆アジが釣れたらそれをジグにつけて釣ってみたかったのです。

タチウオも、ジグより餌をつけたテンヤのほうが分があるって言うし、
エビラバなんつってタイラバに海老つけて釣ってる人もいるし、
だったらジグにアジつけて「アジジグ」もありじゃない?
チョン掛けの生き餌にして、泳がせアジジグなんてもいいんじゃない?

次回アジ釣れたらやってみます。

本日の釣果。タチウオ4本アジ1匹。
晩のおかずは、タチウオの刺身とアジのなめろう♬

2020年07月23日(木) 中潮 干潮05:06 満潮11:19

船検当日、ついでにタチウオ。

港に着いたら夜が明けはじめました。

船検は、月曜日の10時15分にJCIの検査官が港に来ることになりました。
この辺りは月・木しか船検やってないので、わざわざ有給をとっての定期検査です。(>_<)

せっかくだから朝一タチウオ釣りに行こうかな♬
ということで転職休暇中の知人を誘って2人で行ってきました。

港に着いたら夜が明けはじめました。
けっこうべた凪。

5時過ぎに出港し、ポイントに着いたのは6時前ぐらい?なんと一番乗り!
しばらくすると続々と船が集合してきたけど、初めての平日釣りはさすがに釣船が少ない。
ちょっと不安になるぐらい。日が昇って最大でも15艘ほどでした。
3〜4艘はいつもの遊漁船です。

博多湾の日の出。

2週間前はそこそこ釣れたから今週はどうだろう?と思いつつジグを投げると、10投目ほどでアタリがありタチウオ釣れました!
前回のアベレージサイズよりちょっと大きいかな?
ただ続かず3時間ほど釣ってぼくは4本のみ。
ほとんど同じサイズ。たぶん2週間前のミニサイズが2週間分大きくなったぐらい。

同行者はなんとボーズ!
ぼくは前回たくさんタチウオ食べたので、今回は全部あげました。

遊漁船もポツリポツリ。

2週間前よりシーズンインしてると思ったのになぜ少なかったんだろう?
しばらく雨が続いて港にはゴミがたくさん浮いてたので、海の中も濁ってたのかな?とか、
単に潮がよくなかったのかな?とか、ちょっと考えます。

本日の釣果。寂しい。

港にもどってしばらくすると検査官が来たので定期検査を受検します。
(1)全周灯・両舷灯の点灯チェック
(2)法定備品一式が揃っているか、信号紅炎の有効期限が残っているか
(3)エンジンが始動すること、ギヤが入っていると始動しないことの確認
以上15分ほどで終了です。

前回も指摘された要注意ポイントが
・オーニングのフレームで舷灯が見辛いので、絞るなどしてもっと見やすく

前回は確認されたけれど今回はノーチェックだったところが
・警笛がちゃんと鳴るか
・ライフジャケットのファスナーが硬くなっているので開け閉めしやすいように給油するなど

検査官によるのか、そのときの気分によるのか割とやさしいです♬
「補機はいま動きません。」って言ったら「ちゃんと整備しといてね。」ぐらいの反応でしたw
いや、実際近々持ち帰って整備しとかなきゃだ。

割り箸サイズのアジが釣れだした、という話を聞いたので
次回はアジ釣りに行こう。

2020年06月22日(月) 大潮 干潮03:54 満潮10:06

朝一タチウオ行ってきました。

今回は知り合いの船で、3人で行ってきました。

朝一でタチウオを狙い、その後アジポイントでサビキ、帰りがけにキス釣りという、二兎どころか三兎を狙う欲張り釣行です。(←ぼくが好きなやつ)

今日はこの船で行ってきます。こんな伝馬船も大好き。
今日はこの船で行ってきます。こんな伝馬船も大好き。

5時過ぎに出港し、タチウオポイントに着いたのが6時前。
すでに30艘ほど集まっています!
常連の遊漁船もみんな来てる。ということは釣れてるのか?
少し期待しながら釣り開始です。

太刀魚ポイントには、すでに30艘ほど集まっています。
すでに30艘ほど集まっています。でも数年前はピーク時には50艘以上になってた。

ちょっと今日の流れはやや釣りにくいかな。
だいたいいつも東西に流されるのに、今日は南に流され能古島に近づいていきます。

でも数投したあと一人にアタリ、タチウオです!
その後ぼくにもアタリがあり、タチウオ釣れました♬
でもみんな型が小さい。指2.5本ぐらい。
たまにレギュラーサイズが混ざるけど、他の船を見ていてもザッと8〜9割はコガタナサイズ。

タチウオ釣れた。でも指2.5本。
タチウオ釣れた。でも指2.5本。

タチウオはリリースしても死んじゃうって言うし、がっつりフックが刺さってるのはなおさらと思いキープします。
(極端に小さめで針がかりがよかったものは逃したけど。)

3時間近く釣ったかな?
3人でキープ25本だから、一人だいたい8本ぐらい。
この2〜3年にしちゃいいほうです。本格的なシーズン前だし。

その後アジポイントに移動するも、アジさんお留守です。
1匹2匹釣れたところで風が強くなってきたので、風裏の湾内でキス釣りするため再び移動します。

アジポイントに移動途中、象瀬をチェック。近づくとちょっと怖いです。
アジポイントに移動途中、象瀬をチェック。近づくとちょっと怖いです。
ヨットが一列に並んで練習してました。あっちも気持ちよさそう。
ヨットが一列に並んで練習してました。あっちも気持ちよさそう。

さすがにキスは固い!
風でどんどん流されるけど、ぽつぽつアタリがあります。
ひさしぶりにプーヤンも見たし満足。

最近は早上がりが多くて、特に一人で行った時は9時前後に終わっちゃうことが多かったけど、この日は14時過ぎまで釣ってました。
思ったほど疲れはしなかったけど、日焼けしてた。
自分のボートに積みっぱなしの麦わらを忘れたので、タオルで頭を保護するのみ。
真っ赤に焼けて、温泉から上がったお猿さんみたいと家人に言われてしまいました…

本日の釣果。タチウオ9本キス10匹。(みな小さめ・・・)
本日の釣果。タチウオ9本キス10匹。(みな小さめ・・・)

そしてふと思ったのだけど、博多湾のタチウオがこの2年ほど激減したのは釣り人が釣り過ぎたせいだ、という意見が多いけどどうなんだろう?
もしそうだったら今年も去年並みか、さらに減るはずだよね?
でもなんだか少し回復してそうな感じ。
それとも去年・一昨年と釣れなくて釣り船が減ったから、その分だけ少し回復したんでしょうか?この調子で釣ってたらまた来年減るんだろうか?

まぁ、まだ今シーズンは始まったばかりだから、もう少し様子を見てみよう。

2020年06月07日(日) 大潮 干潮04:17 満潮10:15

船検準備、ついでにアジ釣り。

だいぶ暖かくなってきました。
とりあえず福岡県も、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されました。
ひとりで船釣りするぶんには誰とも接触しないし関係なくない?と思ってたけど、結局その間は一度も釣りに行かなかったな。
そうこうするうちに6月には定期検査を受けないといけないから、備品のチェックついでに釣りしてきました。

いつもの能古島と福岡市街の夜明け。

水温もかなり上がってきてるし、もうアジくるだろうと思ってたけど相変わらずサビキにはまったく食わない。
ときには魚探が真っ赤っかになるほどの反応があるのになんだろう?全部イワシ?アジ1匹もいない?
去年の今頃の記事を見ると、サビキで数匹は釣れてるな。

こげ〜ん真っ赤っかなのに!

一緒に行った同僚はずっとジグ投げてたら、大アジきました!
マアジ38cm。
湾内でもマルアジはでかいの来るけど、マアジでこのサイズがいるのか?
今後に期待♬

マアジ38cm!

その後は何も釣れなかったのでタチウオポイントに調査に行ってきました。
数艘は船がいるから、まったく釣れないわけではないのかな。
例年5月ぐらいからタチウオ釣れてたみたいだけど、一昨年あたりから本当に少なくなりました。

天気と波はベストコンディション!の〜んびり♬

いい天気のべた凪で、アタリがまったくないと眠くなる眠くなる。
1時間ほどであきらめ、8時半に納竿。
5時ぐらいから釣ってたから、それでも3時間ほどは釣りしてたな。

港に戻ってから灯火類の確認、救命胴衣のチェック。
信号紅炎の失効年月もオッケー。
あとは定期検査の日取りを決めるだけっと。

半年以上残ってるから大丈夫よね?

来週はアジ釣れないかなー。

2020年05月24日(日) 大潮 干潮04:09 満潮10:22

水温はまだ低いけど、アジ調査に行ってみた。

4月4日土曜日、週末としてはひさしぶりの凪の予報です。
Windeyによると水温は14度。
https://www.windy.com/
まだアジは食わないだろうなと思いつつ、
起きれたら釣りに行こうと、前日は4時30分にアラームをセットして布団に入りました。

翌朝ふと目が覚めたのでスマホを見たら、なんと4時25分!
これは釣りに行けという神のお告げか?と思い、まだちょっと眠い目をこすりながら釣りの準備を始めます。

道具を車に積み込み、20分ほどで港に着いて船を出す用意をし、出航したのが6時ぐらい。

用意をしている間も、刻々と夜が明けていきます。
用意をしている間も、刻々と夜が明けていきます。
約3か月ぶりの出船です!
約3か月ぶりの出船です!
福岡の街に登る朝日。
福岡の街に登る朝日。

港から10分のいつものアジポイントでアンカーを打ちます。
相変わらず魚探の反応はあるのだけど、やっぱりサビキには食いつきません。

暇なのでジグを投げると3投目でアタリが!
釣り上げると50cmないぐらいのシーバス。
さっそく締めて血抜きをし、内臓もとってクーラーへ。
ちなみにジグサビキのサビキ針のほうを食ってました。

ジグサビキのサビキ針のほうを食ってきたシーバス。
ジグサビキのサビキ針のほうを食ってました。

その後もサビキのアミを交換しながらジグを投げていると、しばらくしてまたアタリ。でも数回巻いたら外れてしまいました。

以外と活性が高そうなので、さらにジグを投げ続けると三たびアタリが!
今度はちゃんとフックが刺さってそうだったのに、浮かせてボートに寄せ、タモに入れようとした瞬間暴れて外れてしまいました。残念!
やはりもっと柄の長いタモが必要だ!

いま使っているのはゼファーボートの「フローティングラバーネット」ってやつ。
ボート用だし、落っことしても浮くから安心♬と思って買ったのだけど、柄が短いのでボートの際まで魚を寄せないとすくえない。一人じゃ不利。失敗した!

すぐにamazonでポチろうかとも思ったけど、ネットの情報だけだとイマイチ大きさとか分かりづらいから、仕事帰りにかめや釣具に寄って見てみよう。
やっぱりデカい・長いやつを買わないとな。ちょっと高いけど。

結局この日は2時間ほどで釣りをやめて帰りました。
帰ったらまだ10時前だった♬

radiko聴きながらのんびり釣り糸を垂らしてるこの時間が至福♬
radiko聴きながらのんびり釣り糸を垂らしてるこの時間が至福♬

2020年04月04日(土) 中潮 満潮07:36 干潮13:09

なにも釣れませんでした。(まぁそんなもん。)

こんなに魚探の反応はあるのに…

3連休初日、ボートを出しました。

土曜日はわりと凪予報、日曜日は雨が降りそう、月曜日は風が出てきそう、ということで土曜日に行ってきました。
この季節はひとりでボートを出そうとすると、朝起きて布団から出られなくて「やーめたっ」って確率75%ぐらいなんだけど、今回はちゃんと早起きできました。そんなに寒くもなかった。

1か月半ぶりの港です。
1か月半ぶりの港です。

とりあえず様子見で、いつものアジポイントに行ってみたら魚探の反応はすごい!釣れるかも?と思い、アンカーを打ってサビキを垂らすもまったくアタリなし。
こんなに真っ赤っかなのにカスリもしないってどゆこと?アジじゃなくてサビキも食わないほどの小さなイワシなのか、アジなんだけど水温が下がってて食い気がないのか、どうなんでしょう?

魚探の反応はこんなに真っ赤っかなのにカスリもしないってどゆこと?
こんなに真っ赤っかなのにカスリもしないってどゆこと?

1時間ほどやってみたけど釣れる気がしないので、意を決して沖へ出ます。

いつもの中ノ瀬に行く前に、昨年知り合いがリベンジしたという(もう2ヶ月も前だけど)小長間でまずはタイラバです。魚探の反応は底の方にチラホラって感じなんだけど、鯛やアコウなどは必ずしもベイトがいなくても釣れるし、と思いながらやってみるけどアタリなし。ジグに変えてみるもまったくアタリなし。

そうこうするうちに、意外とウネリがあってドッタンバッタン揺られて気持ち悪くなってきたので、こちらも1時間足らずで撤収です。この季節のこの時間は、帰りのボートを太陽に向かって走らせるので眩しかった。

帰りのボートは太陽に向かって走ったので、眩しすぎてよく見えないので怖いぐらい。
眩しすぎてよく見えないので怖いぐらい。

そして揺られたせいで、翌日は全身筋肉痛。

2020年01月11日(土) 大潮 干潮04:14 満潮10:37

先週と同じ場所で同じ釣果と思っていたら、リベンジしたという写メが届いた話。

先週と同じ場所で同じ釣果と思っていたら、リベンジしたという写メが届いた話。

今週も行ってきました。いつものアジポイント。
そろそろなんか釣れるんじゃないか?という淡い期待を胸に、夜明けとともに出港です。
今回も先週と同じ、会社の同僚とそのお子さんが一緒です。

先週と同じ博多湾の夜明け。
先週と同じ博多湾の夜明け

先週よりちょっと波がある感じ。
でも先週船酔いした子どもは、今回は大丈夫みたい。
少し慣れたかな。

そして釣果も先週とほぼ同じ。
私はサビキでアジゴ10数匹と、ジグでサゴシ1匹。(今回は50cmオーバー)
同僚は45cm前後のシーバス2匹です。

ぼくが釣ったサゴシ。
ぼくが釣ったサゴシと、
同僚が釣ったシーバス。
同僚が釣ったシーバス。

2週続けてサゴシ持って帰るのも何なんで、
今回はシーバスと交換してもらいました。

サゴシの竜田揚げ最高!と思ってたけど
シーバスの竜田揚げもふかふかで美味い!

そんなこと考えてたら、スマホにボート会の仲間からメールが!
「前回のリベンジできました」とのこと。

ぼくもリベンジしたい!
なにぃ!?

よーし、来週は沖に出るか!

2019年11月17日(日) 中潮 干潮06:26 満潮