ついでに釣りしてきました。

ついでに釣りしてきました。

ちょっとボートのところに行く用があったので、せっかくだから釣りするか、べた凪だし、ということで早起きして行ってきました。
時間もあまりないのでいつもの近場へ。

早朝5時半ごろのナカハラ釣具。ほぼ満車♬
早朝5時半ごろのナカハラ釣具。ほぼ満車♬
出航すると陽が登ってきました。
出航すると陽が登ってきました。

やっぱり魚探の反応いまいちだけど、とりあえずサビキを落とします。
ぽつりぽつりとアジ釣れるけど、あいかわらず豆アジさん。

例によってradikoを聴きながら、ジグサビキを投げます。
サゴシは来るだろうなと思ってたんだけど、時々アタリはあるものの乗らない。
なんか小さいのがかかったぞ、と思って上げたらお約束のエソくんとか。

お約束のエソくん。
お約束のエソくん。
ジグサビキが2本とも切られました。サゴシに違いない!
ジグサビキが2本とも切られました。サゴシに違いない!

サビキもたらしてたらそっちにビクビク反応があって、なんだ?と思って上げたらまさかのサビキにサゴシでした。
前回よりちょっと小さめ45cm弱。
その後しばらくサビキに集中してたら再びサビキにサゴシで2匹目♬
サイズもまったく同じぐらい。

サゴシ45cm弱。
サゴシ45cm弱。

9時ごろになってそろそろやめようかと思ってたら、サビキにアタリが来だしてこんな時間に不思議と入れ食い状態に!
あわてて凍らしてた予備のアミを砕いて続けました。

と、思ったらここで海上保安庁の登場!
やましいことは何もないので何だろう?と思ったけど(数年前は船検ステッカーを貼り忘れてた。)
やっぱりただの臨検でした。

このサイズは福岡県警かと思ってたら、海上保安庁でした。

終わったあと「おつかれ様です!」と大きな声でご挨拶して釣りを続けるも、
ピークは過ぎちゃったみたいだし、あいかわらず豆アジばかりなので30匹ほど釣ったところで終了に。

港に戻ってさて!今日の目的は俵フェンダーの設置です!
(ちなみにこれって一般的には何て呼ぶんだろう?検索すると「俵フェンダー」とか「スチバロール」とか記載があるけど。)

拾ってきてた俵フェンダー。
拾ってきてた俵フェンダー。意外とでかい。

今まで痩せ細った甚だ心もとないものが付いてたんだけど、それさえ先日の台風のせいかなくなってたので、
この日のために以前呼子のキャンプ場に行った時に拾ってきてたやつを持ってきました。
結び方は適当です。(お隣さんも適当って言ってた。)

さすがにあるとないとでは安心感が違います。
これで少々の台風でも安心♬

これが
こう♬

もうひとつちょっと小さめのがあるんだけど、さらに手前に置いてもあまり意味なさそうだし、
他の人がやってるみたいに、桟橋につけてバウの衝突防止用にしようかな。

本日の釣果。

2020年10月03日(土) 大潮 干潮04:13 満潮10:24

船検当日、ついでにタチウオ。

港に着いたら夜が明けはじめました。

船検は、月曜日の10時15分にJCIの検査官が港に来ることになりました。
この辺りは月・木しか船検やってないので、わざわざ有給をとっての定期検査です。(>_<)

せっかくだから朝一タチウオ釣りに行こうかな♬
ということで転職休暇中の知人を誘って2人で行ってきました。

港に着いたら夜が明けはじめました。
けっこうべた凪。

5時過ぎに出港し、ポイントに着いたのは6時前ぐらい?なんと一番乗り!
しばらくすると続々と船が集合してきたけど、初めての平日釣りはさすがに釣船が少ない。
ちょっと不安になるぐらい。日が昇って最大でも15艘ほどでした。
3〜4艘はいつもの遊漁船です。

博多湾の日の出。

2週間前はそこそこ釣れたから今週はどうだろう?と思いつつジグを投げると、10投目ほどでアタリがありタチウオ釣れました!
前回のアベレージサイズよりちょっと大きいかな?
ただ続かず3時間ほど釣ってぼくは4本のみ。
ほとんど同じサイズ。たぶん2週間前のミニサイズが2週間分大きくなったぐらい。

同行者はなんとボーズ!
ぼくは前回たくさんタチウオ食べたので、今回は全部あげました。

遊漁船もポツリポツリ。

2週間前よりシーズンインしてると思ったのになぜ少なかったんだろう?
しばらく雨が続いて港にはゴミがたくさん浮いてたので、海の中も濁ってたのかな?とか、
単に潮がよくなかったのかな?とか、ちょっと考えます。

本日の釣果。寂しい。

港にもどってしばらくすると検査官が来たので定期検査を受検します。
(1)全周灯・両舷灯の点灯チェック
(2)法定備品一式が揃っているか、信号紅炎の有効期限が残っているか
(3)エンジンが始動すること、ギヤが入っていると始動しないことの確認
以上15分ほどで終了です。

前回も指摘された要注意ポイントが
・オーニングのフレームで舷灯が見辛いので、絞るなどしてもっと見やすく

前回は確認されたけれど今回はノーチェックだったところが
・警笛がちゃんと鳴るか
・ライフジャケットのファスナーが硬くなっているので開け閉めしやすいように給油するなど

検査官によるのか、そのときの気分によるのか割とやさしいです♬
「補機はいま動きません。」って言ったら「ちゃんと整備しといてね。」ぐらいの反応でしたw
いや、実際近々持ち帰って整備しとかなきゃだ。

割り箸サイズのアジが釣れだした、という話を聞いたので
次回はアジ釣りに行こう。

2020年06月22日(月) 大潮 干潮03:54 満潮10:06

船底掃除

船底掃除

船底掃除に行ってきました。
去年の6月以来だから、約1年4ヵ月ぶり。

最近、船外機の回転が上がらないしスピードは出ないし、
だいぶ貝がついてるだろうなぁ、と思ってたけど
案の定、かなりフジツボがついてました。(>_<)

今年はあまり出船できなかったせいか、期間のわりにはフジツボが多くついてる気が…
今年はあまり出船できなかったせいか、期間のわりにはフジツボが多くついてる気が…
なつかしのペプシを飲みながら、途中ひとやすみ。
なつかしのペプシを飲みながら、途中ひとやすみ。

いつも使っている船底塗料は、ヤマハ パワープロテクター ブルーラベル 4kg。
実売価格12,000円(税別)で、特別高くはなく安心のメーカー品です。

前回は、秘密兵器「フジツボガード」なるものを使ってみたんだけど、
まるで効果なかったやんけ!
7,000円以上したのに損した!
まぁ、話半分と思ってたけど話0分だったなぁ。

ついでにアノード(防食亜鉛)も交換しました。
下からボルト2本でとめてるだけなので、交換は簡単。
アノードの交換時期は、「体積が新品の1/3以上消耗している場合」とヤマハのサイトに記載がありました。
今回汚れてるけどまだまだ原型をとどめてる。でもまぁ、せっかくだから交換。

上が新品のアノード、下が今回取り外したもの。
上が新品のアノード、下が今回取り外したもの。
新品取り付け後はこんな感じ。
新品取り付け後はこんな感じ。

昨年の船底掃除は2人で作業したのだけど、
今回は1人でやったので翌日は全身筋肉痛!

でもキレイになった、スッキリした。
これで水面を滑るように走ってくれるでしょう。
これからの釣りが楽しみ♬

くたびれたけど、終わった後は気持ちいい。早く走りたいです。
くたびれたけど、終わった後は気持ちいい。早く走りたいです。

2019年10月26日(土)

船外機が低速でエンスト!その原因は…

船外機が低速でエンスト!その原因は…

船外機が低速時にエンストするという症状が出はじめ(とくにギアを前進や後進に入れた瞬間)、昨年春に自分でキャブレターをオーバーホールしたのだけど、また数ヶ月で同じ症状が発生するようになりました。
キャブじゃなくて燃料ホースとかかな?などと思いながら整備工場に相談すると
「やっぱりキャブが怪しい。見てみましょうか?」
ということだったので、お願いしたらやはりキャブが詰まっていたとのこと。
そしてその原因はなんと塩だって!
やー、キャブに塩が詰まるという発想がなかった。
30年ほども前のボートだから、長い年月のうちに塩分がガソリンタンクに混入したんだろうね。

というわけで115リットルのFRPタンクを外して洗浄することに。
作業的にはそんなに難しくないのだけど、何しろ30年ぶりに取り外すというと、どこもかしこもパーツが固着してて大変!力がいる。
おまけに入り組んだところに取り付けられているボルトがあるためとても作業しにくく、アクロバティックなポジションでボルトを回さないといけないのでシンドかった!

でもまぁ、なんとか外して家に持ち帰りガソリンを抜いて洗浄します。
中を見てみたら、塩どころかかなりスラッジが溜まっていた。(>_<)
水洗いしてその後よく乾燥させ、再度ボートに取り付けました。

新しい燃料フィルターと、ガソリン100リットルも購入。
無事に試運転。うん、大丈夫そう。

船外機用燃料フィルター

外れてた係留ロープもブイに結んで、これでやっとボートを出せます。

2019年04月20日(土)