長雨の中で奇跡的に晴れた土曜日

長雨の中で奇跡的に晴れた土曜日

長雨が続きます。
秋雨前線というが、梅雨よりだんぜん梅雨のようなこのごろです。


それでも土曜日は奇跡的に晴れ、波も穏やかで、
しかもちゃんと目覚ましで4時に起きれたので行ってきました。

この朝焼けを見るため、と言っても過言じゃない。


今回は予定通り、夜明けとともにタチウオポイント直行です。
ポイントにつくと、十数隻がすでに集まっています。

朝から十数隻、時間が経ってもこの日は終日こんなものでした。


ぼくも早速ジグサビキで釣り始めます。
数投目でさっそくアタリ!
あげるとやはりアジでした。
先週より少し小さい35cm。


それからまた数投してまたアタリ!こんどはタチウオ。
なんと今年初のタチウオです♬
去年あたりから釣れない釣れない言われてるんで、
今年はあまりやってなかったしな。
なんとなく、アジはやはり朝マズメの時会いをすぎると釣れなくなるし、
タチウオは、まぁ昼ぐらいまでダラダラ釣れるイメージがあったので、
アジ釣りの後にちょっと様子見程度しか狙っていなかったのでした。
やっぱりタチウオも朝マズメのほうが分があるのかな。

タチウオ1本目。


その後もタチウオ・アジを追加して、
最終的には2時間ほどでタチウオ3本、アジ2匹。
晩のおかずには十分です。

タチウオは刺身とムニエル、アジは竜田揚げでいただきました。


他のボートはずっと十数隻しかいなかったし、
見ててもほとんど釣れてないのでもうタチウオシーズンも終わりかな。


いよいよ沖へ出て、タイラバ・ジギングでもしようかな。


でも9月中に船艇掃除して、少しでも燃費がよくなるようにしとかなきゃだ。


2019年08月31日(土) 大潮 干潮03:58 満潮10:11

豆アジ釣れず、タチウオ釣れず、大アジきた。

豆アジ釣れず、タチウオ釣れず、大アジきた。

目覚ましの音でちゃんと目が覚めたんだけど眠い。
布団の中で15分ほど迷ってたけど、ちゃんと起きて準備できました。


途中、ナカハラ釣具でアミ1角だけ買って港に向かいます。
出航してみると思ってた以上にベタ凪。快適。
ひとりだから、いつもの近場のアジポイントからタチウオ狙いかな。


隣に係留してる常連さんが先に釣ってたんで聞いたら、豆アジしか釣れんとのこと。
ちょっと離れたところにアンカーを打って、ぼくもさっそくサビキを始めました。
でも確かに、ポツリポツリと豆アジが釣れるだけ。


魚探の反応はあるんだけど、型のいいアジも釣れないし、数も釣れない。
6時前から釣り始めて7時半ぐらいまでやってたけど豆アジ9匹のみ!
あきらめてタチウオポイントに向かいます。


タチウオポイントもやっぱり30艘ぐらい。釣れてなさそう。
30艘とはいえ、遊漁船も入れると平均4人ぐらい乗ってるから全部で釣りしてるのは120人ぐらい?
それでポツーリポツリしか釣れてないから、1時間でひとり平均1匹ないだろうね。


釣れる気しないながらもジグサビキ投げてたら、しばらくして大アジかかりました。
1時間半ほどでもう1引き釣れてやめました。


帰って測ったら、39cmと37cm!
けっこう大きいな。
でも大アジはだいたいマルアジだから血合いが多くてやや生臭いので今回は竜田揚げにいたしました。


美味しかった♬


次回は朝一でタチウオ行こうかな。
そのほうが分がいいかも。


余力とガソリンがあれば、その後SLJ(スーパーライトジギング)に行きたいな。


2019年08月24日(土) 小潮 満潮02:22 干潮09:51

ついに姫ちゃんアジとご対面!

ついに姫ちゃんアジとご対面!

ギガアジで有名な姫島沖。
自分のボートだと糸島半島をぐるっと回って行かねばならず、ざっとガソリン代10,000円コースなので躊躇してまだ行ったことがありませんでした。

知り合いが船越漁港にボートを留めてるって聞いてたので、「一緒に行きましょう!」と話したら、「土日は仕事で忙しいので、知りあいに頼んでおいた。」ということで、ついに姫ちゃんアジ釣行が実現しました!

朝4時半に船越漁港に集合、(バイクで行ったら道に迷ってちょっと遅刻しちゃったけど、)5時に総勢4名で出船です。
片道30分弱かな?ポイントに着くとすでに数隻集まっています。
ぼくらもアンカーを打ってさっそくサビキで釣り始めます。

薄暗いなか出航です。
薄暗いなか出航です。
だんだん明るくなってきました。
だんだん明るくなってきました。
ポイント到着です!
ポイント到着です!

水深は40m超。
このあたりは砂地らしくほとんど瀬はないとのこと。
でも不思議とアジはいるのね。
しばらくするとポツリポツリと釣れ始めます。
いきなり35cmほどの尺アジです♬
その後も皆さんにぼちぼちアタリがあります。
私には40cm弱のイトヨリもきました!
(ところで尻尾の細い先は入れてないけど、イトヨリの長さってどこまでかな?)

しかしさすがにアジ。尺アジでもバラシが多く、たいてい2〜3回に1度は皆さん外れてしまいます。
サビキがからまって外すのが大変だけど、タモ必須。

釣りをしながら海を眺めていると、
中層にはヤズ、ネリゴなどの幼魚が、水面にはトビウオがいっぱい泳いでいます。
サビキ仕掛けをあげていると、ヤズが毎回追いかけてきます。
30cmほどだけど、船長いわく「ヒラマサの餌にちょうどいいサイズ」とのこと。
魚影が濃い感じです。

10時過ぎに納竿した時点で、アジが計40弱。他にサバ7〜8匹、イトヨリ2匹、エソ数匹でした。
アジは40オーバーが2〜3匹、20〜30cmのマアジが10数匹、他大きいのはすべてマルアジ(アオアジ)です。

アジを並べてみました。
アジを並べてみました。

港にもどって皆で分けました。
1人だいたい10匹ちょいで、実際ほとんど偏りなく皆さん釣れてたみたい。

でも考えたら5時間ほどで10匹ちょいだから、だいたい30分に1匹ぐらい。
「入れ食い」という感じではなかったです。
船長に聞いたら、まぁいいほうだとのこと。

まぁ十分ですけど。

今度は自分のボートで行きたいな♬
問題は、ガソリン代をシェアする人数と、40mから7kgのアンカーを上げる体力が必要ってことだな。

ぼくのお持ち帰りはこちら!
ぼくのお持ち帰りはこちら!イトヨリは煮付け、アジはヅケ丼にして食べたけど美味しかったです。

2019年08月04日(日) 中潮 干潮05:42 満潮11:54